2017年5月22日月曜日

RDS.B (ロイヤル・ダッジ・シェル) から選択権付配当の連絡がきました.

Royal Dutch Shell から選択権付配当の連絡が野村證券より来ました.
詳細は以下の通りです.
受け取り方法
現金受取 USD0.94 /

株式受取 USD0.94相当の RDS.A /

なんてことだ!!A株だと??RDS.B 株を持っているのにその株式配当が A 株だって??
B 株での受け取りも可能か再確認しましたが, やはり A 株での受け取りしかできないようです...私たちに RDS.A 株を選択するメリットは残念ながら全くありません.

RDSA 株と B 株の違い.
違いはかなり簡単です. ご存知の方も多いでしょうが備忘録として記しておきます.

A 株, 蘭国資本のロイヤル・ダッジ の流を汲む株式です. オランダの税制に従います.
B 株, 英国資本のシェルの流を汲む株式です. イギリスの税制に従います.

現地源泉徴収税が変わる.
このそれぞれが基本とする国の税制が違うため, その結果として現地源泉徴収税が変ってきます.
ちなみに米国株は現地で 10% 税金がとられますよね.

オランダ: 15%
イギリス: 0%

これだけ違います!この 15% は大きいです. A 株から受取る配当にはこれだけの税金が現地で徴収されます. この税負担は日本での徴収も合わせればボディブローどころかアッパー, ストレートレベルです. もうノックアウトですよ. 一方で全く実態が同じである B 株は英国株のため現地での徴収は 0% です. これが英国株の魅力でもあります.

配当を株式で受取るのは再投資の手間も省けて好きなのですが, その後の税負担を考えると今回はデメリットが大き過ぎました. 素直に現金で受け取ることといたします.
う~ん, 残念.

Let's enjoy investment!
Sponsored link

関連記事です.
HSBCから選択権付配当のお知らせが届きました

他にもこんな記事を書いています.
我が家の節約術です.

現在の資産状況です.

iDeCo の活用も資産形成法の一つの手段です.


0 件のコメント:

コメントを投稿