2017年7月29日土曜日

たばこ関連 (MO), (BTI), (PM) が急落.

FDA が煙草に含まれるニコチン濃度を中毒性のないレベルにまで低下させる事について a public dialogue (公開討論) を始める計画が発表されました. それによる影響が懸念されています. 

Sponsored link

以下のリンクは関連する報道記事です.
今回の報道により一時的に下記水準まで売り込まれました.

 MO $ 74.04 → 60.95 (-17.7%) 
 BTI $ 69.90 → 61.36 (-12.2%)
 PM $118.53 → 110.55 (-6.7%)

PM は米国での売り上げがゼロのため, 今回の報道が業績に与える影響はほぼゼロです. よってタバコ株急落の原因が判明してからは急速に値を戻し, 今では何事もなかったかの様に株価が推移しています. 指値注文を出していた方は思わぬ拾い物となりましたね!

普段私はタバコを吸わないのでその中毒性がいかほどのものか測りかねます. しかし, 友人がタバコをやめようと何度も禁煙を試していますが, 結局はいまだに吸い続けているのを見ると, どれほどその中毒性が高いかは間接的には分かっているつもりです. この性質のおかげでタバコ会社は稼ぐことができます.

今回の FDA に関する報道がすぐにタバコ会社の業績に影響を与えるわけでは無いでしょう. しかし FDA で決定されることはいずれ世界標準となる可能性があります. タバコ銘柄について留意しておく点が増えたといえますね. 

Sponsored link



他にも色んな記事を書いています. 詳細はタブ内を参照ください.

0 件のコメント:

コメントを投稿